引用研究史論 - 藤田保幸

引用研究史論 藤田保幸

Add: fikocefy27 - Date: 2020-11-30 21:25:59 - Views: 5203 - Clicks: 865

Amazonで藤田 保幸の引用研究史論―文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって (研究叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。藤田 保幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 12 形態: vii, 660p ; 22cm 著者名: 藤田, 保幸 シリーズ名: 研究叢書 ; 260 書誌ID. 5: 形式語研究論集: 藤田保幸 編: 和泉書院:. 5 Description: x, 453p ; 22cm Authors: 藤田, 保幸 Series: 研究叢書 ; 446 Catalog. Title <紹介>藤田保幸著『引用研究史論』 Author(s)河野, 光将 Citation語文.

ショッピング!11,000円~ご購入可能です。最安値情報や製品レビューと口コミ、評判をご. 引用研究史論 : 文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって 種類: 図書 責任表示: 藤田保幸著 出版情報: 大阪 : 和泉書院,. 言語文化の中世 (研究叢書 龍谷叢書)/藤田 保幸(小説・文学) - 中世におけるさまざまな表現の営為とそれを支える言語(言語資料)・言語意識を考察。. 引用研究史論 - 文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって - 藤田保幸 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. Amazonで保幸, 藤田, 誠, 山崎の形式語研究の現在 (研究叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。保幸, 藤田, 誠, 山崎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. Affiliation (based on the past Project Information):龍谷大学,文学部,教授, Research Field:Japanese linguistics,国語学,Basic Section 0:Japanese linguistics-related, Keywords:複合辞,文法化,形式名詞,コーパス,形式語,共時的条件,文法史,方言文法,接続詞,形式化, of Research Projects:3, of Research Products:27. 12 Description: vii, 660p ; 22cm Authors: 藤田, 保幸 Series: 研究叢書 ; 260 Catalog. 23446 引用研究史論文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって藤田保幸著 10,詩・川柳・俳句のテクスト分析 語彙の図式で読み解く 野林正路著 8,近世武家社会における待遇表現体系の研究 桑名藩下級武士 による『桑名日記』を例として.

1997: 引用句と格について(筑波大学国語国文学会) 22. 3: 複合辞研究の現在: 藤田保幸, 山崎誠 編: 和泉書院:. <紹介>藤田保幸著『引用研究史論』 タイトル (ヨミ) ショウカイ フジタ ヤスユキ チョ インヨウ ケンキュウ シロン. 引用研究史論 : 文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって フォーマット: 図書 責任表示: 藤田保幸著 言語: 日本語 出版情報: 大阪 : 和泉書院,. 藤田保幸 引用研究史論 文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって 研究叢書 : 藤田保幸 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。.

国語引用構文の研究 / 藤田保幸著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: コクゴ インヨウ コウブン ノ ケンキュウ 言語: 日本語 出版情報: 大阪 : 和泉書院,. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):龍谷大学,文学部,教授, 研究分野:日本語学,国語学,小区分0:日本語学関連, キーワード:複合辞,文法化,形式名詞,コーパス,形式語,共時的条件,文法史,方言文法,接続詞,形式化, 引用研究史論 - 藤田保幸 研究課題数:3, 研究成果数:27. 12 形態: vii, 660p ; 22cm 著者名: 藤田, 保幸 シリーズ名: 研究叢書 ; 260 書誌ID: BAISBN:. 1998: 引用句と項構造をめぐって(関東日本語談話会) 21.

【送料無料】 引用研究史論 文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって 研究叢書 / 藤田保幸 【全集·双書】. 藤田保幸 著 『引用研究史論―文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって―』 野田 尚史 佐藤志帆子 著 『近世武家社会における待遇表現体系の研究―桑名藩下級武士による『桑名日記』を例として―』. 引用研究史論 : 文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって 藤田保幸著 (研究叢書, 446) 和泉書院,.

国語引用構文の研究 フォーマット: 図書 責任表示: 藤田保幸著 言語: 日本語 出版情報: 大阪 : 和泉書院,. com PayPayモール店 | 引用研究史論/藤田保幸. 引用構文における名詞句と引用句について(国語学会) 20. 5 形態: x, 453p ; 22cm 著者名: 藤田, 保幸 シリーズ名: 研究叢書 ; 446 書誌ID: BBISBN:. 国語引用構文の研究 / 藤田保幸著 Format: Book Reading of Title: コクゴ インヨウ コウブン ノ ケンキュウ Language: Japanese Published: 大阪 : 和泉書院,. 5 著者名: 藤田, 保幸 シリーズ名: 研究叢書 ; 446 isbn:注記: 参考文献: p420-436. 3 科学研究費助成事業 : 基盤研究b 平成26年度-平成28年度. 引用研究史論 藤田保幸 和泉書院 /5 論争的な引用研究史論。 前著と合わせることで氏の引用論の全貌が見えてくる。.

66 Issue DateText Versionpublisher. 11: 論理的な日本語表現を支える複合辞形式に関する記述的. Bib: BAISBN:. 研究史を論ずることを通して、著者自身の立場・考え方を改めて明確にする試みであり、著者の引用研究三部作の二作目となる書である。 引用研究史論 / 藤田 保幸【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. 引用研究史論: 藤田保幸 著: 和泉書院:.

紹介 藤田保幸著『引用研究史論』 黒田 翔子: 紹介 滝川幸司著『菅原道真論』 竹端 紀子: 紹介 山本一著『藤原俊成 思索する歌びと』 松本 大: 紹介 中川照将著『『源氏物語』という幻想』 百瀬 みのり. 藤田保幸著, 『引用研究史論-文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって-』, 年5月30日発行, 和泉書院刊, a5判, 468ページ, 10,000円+税. 10: 緑の日本語学教本: 藤田保幸 著: 和泉書院:. タイトル: 引用研究史論 : 文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって: 著者: 藤田保幸 著: 著者標目: 藤田, 保幸, 1958-. 1996: 文を埋め込んだ名詞句と引用句の異同(関東日本語談話会) 10件表示: 全件表示. Amazonで藤田 保幸の引用研究史論―文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって (研究叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。藤田 保幸作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 藤田保幸著 『引用研究史論 文法論としての 躰 語引用表現研究碾 開をめぐっ て 』 阿 部 二 郎 1.本書の内容と構成 本書が扱うのは文中引用句「〜ト」に関する研究史である 。 本書は題目に 『引用研究 n 史論』とあるように.

研究者代表 藤田保幸 藤田保幸. Bib: BBISBN. 引用研究史論 : 文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって Format: Book Responsibility: 藤田保幸著 Language: Japanese Published: 大阪 : 和泉書院,. 12 形態: vii, 660p ; 22cm 著者名: 藤田, 保幸 シリーズ名: 研究叢書 ; 260 書誌ID: BAISBN: 藤田保幸著 『引用研究史論──文法論としての日本語引用表現研究の展開をめぐって──』 本書は,前著『国語引用構文の研究』以降の引用に関する研究を集成し,日本語の文 法論的引用の研究史を論ずる書である。.

藤田保幸(フジタヤスユキ) 1958大阪生まれ。1986大阪大学大学院文学研究科後期課程単位修得。愛知教育大学、滋賀大学教育学部を経て、龍谷大学文学部教授。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

引用研究史論 - 藤田保幸

email: ratyla@gmail.com - phone:(650) 674-3907 x 7628

なぜ、宮崎の小さな新聞が世界中で読まれているのか - 松田くるみ - 中央大学附属中学校

-> 快楽ループ - やまねむさし
-> アメリカの鏡・日本<抄訳版> - ヘレン・ミアーズ

引用研究史論 - 藤田保幸 - 病の言語表象


Sitemap 1

千里ぐらし - 梅棹忠夫 - カラー文楽の魅力 吉永孝雄